2011年5月23日月曜日

レビュー|赤瀬川原平写真展「散歩の収獲」

展覧会名|赤瀬川原平写真展「散歩の収獲」
会期|2010年10月22日(金)~11月7日(日)
会場|横浜市民ギャラリーあざみ野

執筆者|宮田 徹也


Fig.1 赤瀬川原平写真展「散歩の収獲」展示風景

この展覧会は、毎日新聞に4年間連載された《散歩の言い訳》が一冊の本『散歩の収獲』(日本カメラ社、2010年)として出版されたことを記念して行われ、54点の写真とインタビュー映像が展示された。同時開催の「横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展」にも赤瀬川は積極的に関わり、ステレオ裸眼視の実践教室なども行った。


Fig.2 赤瀬川原平写真展「散歩の収獲」展示風景

横浜市民ギャラリーあざみ野のHPに赤瀬川の言葉があるので引く。「散歩とカメラ/カメラは散歩の導火線だ。何か撮りたい、何か見つかるかもしれない、という小さな火に導かれて町を歩く。ウォーキングは脚の筋肉だけの話になるが、カメラがあると目が加わり、感受性がスイッチされる。/赤瀬川原平」

広い会場にゆとりを持って写真が展示されている。吹き抜けの部分には「この世は偶然に満ちている。だから人間は人工管理の街を造った。でも街はいずれ老朽化し、その隙間から、追い出された偶然がまた顔をのぞかせる。カメラにはそれが美味しい。」と大きく記されている。


Fig.3 赤瀬川原平写真展「散歩の収獲」展示風景


Fig.4 赤瀬川原平写真展「散歩の収獲」展示風景


Fig.5 赤瀬川原平写真展「散歩の収獲」展示風景

赤瀬川の言葉にもあるようにその写真の特徴は、日常目にしながらも何処か奇妙な異空間の瞬間をとらえ、タイトルがその諧謔性を強調するものだ。老朽化といっても古美術のような懐古主義ではなく、かといって廃墟のような朽ち果てた段階でもなく、飽くまでも日常の「隙間」を見逃さず撮影しているのである。

私は赤瀬川の画業について、納得していない面が多かった。60年代の読売アンデパンダン展に出品した《ヴァギナのシーツ》など人体を変形させた作品から千円札模造に至り、裁判に負け、『桜画報』を通じて『超芸術トマソン』、『路上観察』に至りつく。あそこまで克明な描写作品を他者の手によって剥奪された後、何故戦わないのか。私にとって「無用の代物」である『超芸術トマソン』は、国宝の仏像にしか見えなかった。加えてペンネーム「尾辻克彦」としての芥川賞受賞は、日展の入賞にしか感じられなかったのだ。岡本太郎や秋山祐徳太子のような前衛と社会を繋ぐ役割を果たすのではなく、自らの追求に熱を注いでいるようにしか見えなかったのである。

しかし今回の展示で赤瀬川の作品を目の前にして、その発想は覆った。赤瀬川の写真はカメラを持つと全体を見渡すが、しかし同時にモチーフはフレームから食み出していくのである。この現象はペンを持つと細部に目がいく千円札模造の作品と寸分も異なるところがないのだ。つまり赤瀬川にとって重要なのは立体なり絵画なり写真なりという種別なのではなく、自らが「見る」というモチーフなのである。そのため赤瀬川は「何かを撮りたい」と思い続けるのだ。

このように発想すると、赤瀬川の作品は「見ること=見詰めること」で一貫している。小説も「見た」ことを詳細に描いていると解釈することができる。赤瀬川は外部と戦うことよりも自らの視覚と対決することに熱を注いでいる。

このような赤瀬川の作品がその発生当初から現在に至るまでどのような変遷を辿っているのか、それが時代に左右されていないことを立証し、探ることが、私のこれからの課題となった。

2011年5月4日水曜日

レビュー|「ニューアート展2010 描く―手と眼の快」

展覧会名|「ニューアート展2010 描く―手と眼の快」
会期|2010年9/30(木)~10/19(火)
会場|横浜市民ギャラリー

執筆者|宮田 徹也


Fig.1 「ニューアート展2010 描く―手と眼の快」展示風景(赤羽史亮)


Fig.2 「ニューアート展2010 描く―手と眼の快」展示風景(石山朔)

この展覧会は現代にある様々に展開する美術様式の中から絵画に注目し、「なぜ作家は描き、見るものは絵画を楽しむのか。執拗なまでに描き、特異な作品を生み出してきた対照的な二人の作家をとりあげ、その答えに迫」る(チラシ)ことを主眼とする。アーティストは1984年生まれの赤羽史亮と、1921年生まれの石山朔である。赤羽は16点、石山は13点出品した。赤羽は10号から200号の作品であったが石山が主に300号ということもあり、小さくさえ見える。

第一室は二人の作品が交互に展示され、次の部屋は石山、二階は赤羽であった。内へ内へと焦点に向かって巻き込んでいくような赤羽と、たった一つの動機から宇宙にまで広がっていく石山といった作品はまさに対照的である。年齢も対照的ではあるのだが、年齢というよりも背負う時代のスタンスの相違をここでは感じられた。石山は60年代から活動を始めていたとしても20年あまり沈黙し、2000年を越えた近年、作品の発表を続けているので、二人は「現代の作家」であるということができる。


Fig.3 自作前で語る赤羽史亮


Fig.4 自作前で歌う石山朔

赤羽の盛り上げる絵具にアンフォルメルを想い起こす。しかし描かれている主題と目的にそれを符合しない。ジャン・デビュッフェのようなアール・ブリュットから派生するアウトサイダー・アート的な着想ではなく、ここに出現するキャラクターが持つユーモアには風刺ほどの痛烈な当たりは存在しないが、闇の中で蠢く恐怖を振り払う闇独特の楽しさに満ち溢れている。それでも気になるのは筆跡である。その速度、強弱という問題に関わらず印象的な線は、やはり50年代の美術を想起させるのである。それを辿るのが赤羽の手なのだ。


Fig.5 「ニューアート展2010 描く―手と眼の快」展示風景(石山朔)

翻って石山の明るい色彩は岡本太郎を想い起こしたとしても、70年代ではなく現代の街の光景を呼び起こしてくる。そして巨大な画面に対してのジェスト的な筆致よりも、その構成力に眼を奪われる。石山の巨大な画面を写真にして限りなく縮小したとしても、そこに宿っている生命の迫力に変化は見られないだろう。それは、これ以上にどこまででも巨大な画面になったとしても同様の観点が存在することに等しい。それでも、実際のサイズが最も相応しい。即ち、石山の絵画は既に描かれている絵画を眼で探っている感覚がするのだ。

この感覚を互いに入れ替えても成立する。赤羽の手=線を眼で辿る、石山の眼=構成を手で追想する。何れにしても私たち人間から生まれる感覚なのだ。これは飽くまでも感覚の問題で、三次元を二次元とする絵画が持つ創造の力と対等なことを示している。そして、絵画の魅力とは未だ計り知れない力を持っていることを、この展覧会は教えてくれたのであった。

ニューアート展2010 描く - 手と眼の快
island: Artists/ 赤羽史亮 Fumiaki Akahane
ABSTRACT★SAKU 石山朔(イシヤマ サク)ホームページ